ごあいさつ

十四代今泉今右衛門を襲名いたし十年。
襲名披露展、そして次の一歩、一歩と足を踏み出すことが出来ましたのも、
皆様方からの温かいご激励とご厚情のお陰と感謝いたしております。

今泉家は、江戸期は鍋島藩の御用赤絵師として、明治以降は藩の保護を離れるものの、
それぞれの時代を乗り越えながら、鍋島の品格・格調を守ることを信念として、
代々、時代に挑み、その時代における最高の色絵磁器を創り上げてまいりました。

現在、十四代今右衛門として、これまで取り組んできた白抜きの「墨はじき」の仕事の中に、
父・十三代が確立した吹墨・薄墨をいかに取り入れることが出来るか、
そして白の微妙な雰囲気の「雪花墨はじき」や、
周りの光を取り込む新しい上絵「プラチナ彩」への挑戦など、
現代の色鍋島の品格と風格を追求する中で、
目に見えにくい陰影・細部にも神経と手間を惜しまない感覚を大切な指針として制作いたしております。

これからも長い年月をかけて、十四代としての深遠な美の世界と、
有田四百年に亘る分業による色絵磁器制作の現代に通じる意義をも追求していく覚悟であります。
日々仕事が出来ることに感謝いたし、小さなことにも心を動かす感受性を大切に、
そして、人との関わりを大事にしていきたいと思っております。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

十四代今泉今右衛門